不正検知を兼ね備えた
オンライン本人認証

proost

proost

犯罪収益移転防止法対応
簡易的な本人確認にも対応

proostプルーストとは

proostは、生活をより便利にする、
全く新しいオンライン本人認証の
ブランドです。

犯収法対応の厳格な本人確認業務から年齢判定まで。
幅広いオンラインの本人確認業務をAPI1つで実現いたします。

proost

健全な
サービス提供は、
本人認証から

複数アカウント、なりすましを防ぐユーザーの本人認証は健全なサービスの起点です。proostなら、犯収法対応の厳格な本人確認(eKYC)から年齢のみの判定まで幅広いニーズにAPI1つで対応可能です。

常に最新の情報を
ユーザーから

ユーザーはproostを介して一括で住所変更情報を届け出ることができます。自社で最新住所を確認する手間を省きます。

銀行レベルの
セキュリティ

本人確認書類の撮影やオンライン認証をproost側が代行し、安全に情報を保管します。利用企業様側では個人情報を保持する必要がありません。

サービスの全体イメージ

生活者

一度proostに登録が完了すると、2回目以降の登録手続きを簡略化することができます。※
また、proostの登録情報を変更すれば一括で更新が行えます。

※特定取引を除きます。

事業者

アップデートされた顧客データは都度共有され、最新の状態に保つことができます。

  • 全体イメージ
  • 初回登録
  • proost会員
    (情報変更なし)
  • proost会員
    (情報更新あり)

よくあるご質問

  • Q.eKYCとは何ですか?

    A. eKYCはelectronic Know Your Customerの略です。銀行や証券口座などの開設時に求められる本人確認をオンライン上で行う技術、またはプロセスの事です。
    弊社のオンライン本人認証proost(プルースト)もeKYCです。口座開設や住所変更等の手続き時の本人確認を非対面で実現でき、現在、推進されているDX化の一手段として活用いただけます。

  • Q.オンライン本人認証のブランドとは
    どういうものですか?

    A. あるロゴを見て、「この作業ができる」と生活者に想起させるものをブランドと呼んでいます。
    proostは、そのロゴを見た生活者が、「オンラインで自分の身分を証明できる」とわかるブランドを目指しています。

  • Q.proostの読み方、意味を教えてください。

    A. プルーストと読みます。英単語のProof(身分証明)とBoost(加速させる/高める)を掛け合わせた造語になります。
    オンラインで”生活者が自分のことを簡単に身分証明できるブランド”です。

  • Q.proostの導入方法を教えてください。

    A. 事業者様のサービスにACSiONの提供するAPIを組み込んでいただきます。詳細は、NDA締結後の開示となります。

お問い合わせ

各種お問い合わせは以下のボタンからお進みください。